吉田医院ではがん治療のセカンドオピニオン、フコイダン療法に取り組んでいます。

トップページ >院長紹介
フコインダン療法 ごあいさつ

年々少子高齢化で医療費が増大し、個人の負担が増え、
抜本的な医療の改革が必要になってきました。
当院では、「自分たちの健康は自分たちで守る」といった、予防医学の提唱。
「病気は家庭で治すもの」といった、
可能な限り住み慣れた場所で療養生活を送れるための在宅医療。
以上の2つを柱とした地域密着医療を目指しています。

フコインダン療法 院長紹介

 吉田年宏 医学博士
 生年月日(S.38. 7. 27)
 日本医師会A会員
 日本外科学会認定医
 日本癌学会会員
 済生会中津病院登録医
 財団法人田附興風会北野病院登録医
 大阪市立東三国中学校医

フコダイン療法 略歴

平成2年 近畿大学医学部 卒業
近畿大学医学部第一外科入局
以後、外科医として第一線で癌治療にあたる。
又術前・術後の化学療法も多数経験。
平成8年 アポトーシス関連遺伝子であるp53遺伝子の研究にて学位(医学博士)取得。
(博士論文:大腸癌の進展におけるp53遺伝子異常と遺伝子不安定性の検討)
(問合せは、国立国会図書館ホームページ)
平成10年 大阪市淀川区東三国に吉田医院開業。
平成22年 「がんと向き合う後悔なき選択」出版。


フコダイン療法 院長の部屋コラム

癌は遺伝子の病気です。
私もこの分野で学位を取得させていただきました。
細胞の核内にある遺伝子(DNA)の異常により癌化が始まります。
癌の多くは一方の遺伝子の突然変異と、その対立遺伝子の欠損で発生します。

「ここからは私の持論ですが・・・。」
この突然変異は、私は、「進化」と考えています。
例えば、ウィルス・重金属・タバコ・ストレス等から身を守るための手段を獲得する能力を人間は元来持ち備えているのです。
また、対立遺伝子の欠損は、「種の保存義務」です。
すなわち、癌は、「進化」とその遺伝子を後世に伝えないための「種の保存義務」が同時に起こった産物なのです。
ですから、癌を発生させないためには、進化しなくても良いような生活習慣を心掛けるべきです。
では、長年進化しないような生物はいったいどこにいるでしょうか?
答えは、「海」です。
陸上生物は、必ず進化していきます。
海に残ったものは、この進化のスピードが遅いものが多く、癌治療のヒントは必ず海に隠されていると言うのが私の持論です。

フコダイン療法 論文

診療時間
交通アクセス

吉田医院
〒532-0002
大阪市淀川区東三国6丁目18番27号
TEL:06-6398-3905 FAX:06-6398-3916

がん相談サポートセンター
TEL:0800-888-2855
(土日祝除く10:00~17:00)
※来院予約はこちらまで